【40代のエイジングケア】絶対におさえたいスキンケアのポイント3つ

40代のエイジングケア 

本格的なエイジングケアが必要になってくる40代。

加齢による肌の変化を完全に完全に止めることはできませんが、正しいスキンケアをすることで肌の変化を遅らせることができます。

でも、エイジングケアって何からしたらいいの?

エイジングケアと書かれた化粧品はたくさんあって、どんなケアをしたらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、今日は40代のエイジングケアで押さえたいポイントと基本のお手入れについてまとめてみました。

この記事はこんな方にピッタリ!

  • エイジングケアをこれから始める
  • エイジングケアってなにをしたらいいかわからない
  • エイジングケアのポイントをおさえて効率よくケアしたい

エイジングケアの基本について書いているので、気軽に読んでいってくださいね。

40代のエイジングケアとは

エイジングケアとは年齢に逆らうのではなく、年相応の美しさを保つために「年齢に応じたお手入れをすること」

40代であれば40代の肌にあわせたお手入れをするということです。

例えば肌の水分量と皮脂量を見てみると下の表のように年齢による変化が見られます。

水分量と皮脂量の変化

肌の水分量は年齢とともに減少し、皮脂量も30代をピークに40歳を超えると急激に減少してきます。

グラフからも40代は水分だけでなく油分が必要になりますが、20代で油分の多いケアは逆に肌トラブルの原因になることがあります。

年齢にあったケアをして、不足するものを補ったり肌ダメージの原因となるものを減らすことが大切です。

 

40代のエイジングサインの原因

キメの乱れ、シワやたるみ....。年齢を重ねると現われてくるのがエイジングサイン。

このエイジングサインの大きな原因となるのが、乾燥紫外線です。

エイジングサイン

エイジングサインの原因1.乾燥

肌のうるおいは皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質という3つの保湿成分の働きによって保たれていますが、40代になると肌の保湿成分が減ってしまい水分が蒸発しやすく乾燥状態になりやすくなります。

肌の水分量が減ると肌にあたる光が乱反射してくすみの原因に。

また、乾燥によって肌表面のしなやかさがなくなると肌表面に浅い小じわができやすくなります。さらに小じわができた状態が長く続くと浅いしわが深いしわへとなってしまいます。

エイジングサインの原因2.紫外線と近赤外線による光老化

肌劣化の一番の原因になるのが光老化です。肌の老化の原因は約80%が光老化によるものと言われ、紫外線に加えて最近では近赤外線の影響も注目されています。

肌に影響することがわかっている光は紫外線A(UV-A)、紫外線B(UV-B)、近赤外線です。

  • 紫外線A(UV-A):波長の長い紫外線で、真皮の中層にまで到達します。UV-Aは肌の弾力を保ってくれるエラスチンやコラーゲンを変性させ、しわやたるみの原因になります。
  • 紫外線B(UV-B):肌が赤くなる日焼けの原因になる紫外線で、表皮にダメージを与えます。メラニンを増やして肌を黒くし、シミ・そばかすの原因になります。
  • 近赤外線:紫外線より波長が長く、真皮の下にある皮下組織の脂肪や筋膜にも届くためたるみの原因となります。

40代のエイジングケアで押さえたいポイント3つ

肌劣化の原因にあわせて日焼け対策と保湿の徹底、加えて40代ではすでに現れているエイジングサインのケアをすることが大切です。

ポイント1.徹底した日焼け対策

シーボディ ミネラルUVセラムの使用レビュー

肌老化の原因は8割が光老化で、純粋な加齢による肌の劣化は2割といわれています。徹底して日焼け対策をしたら大部分の肌ダメージを減らせるということ。

夏場だけ日焼け止めを使っている方も多いと思いますが、日焼け止めは年間を通して必要なアイテムです。ぜひ日焼け止めは顔だけでなく首やデコルテ、腕など肌の露出がある部分は徹底して塗るようにしましょう

日焼け止めにはたくさんの種類があり、紫外線A、Bを防ぐ効果を分かりやすく表記したサンケア指数(SPF・PA)が記載されています。近赤外線を防ぐ効果のある日焼け止めにはSPF・PAに加えて「近赤外線カット」などと書かれているので、紫外線だけでなく近赤外線についてもチェックしてみてください。

日焼け止めは生活シーンや自分の肌タイプに合わせて選ぶと、肌への負担を減らし効果的に使うことができますよ。

また、最近では日焼け止めに加えて飲む日焼け止めとして活性酸素を生み出さないサプリメントが人気。

紫外線を浴びると肌では活性酸素が発生して、活性酸素が肌を酸化させて老化の原因となります。この活性酸素を発生しないようにしてくれるので、エイジング効果が期待されるサプリです。

より効果を高めたいという方はサプリの併用もおすすめです。

ポイント2.徹底した保湿ケア

肌を劣化させる大きな原因のもう1つは乾燥。

肌のうるおいを保つために大切な保湿成分(皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質)は年齢とともに減ってしまうので、保湿力の高い化粧品で補ってあげる必要があります。

水分だけでなく、皮脂膜の成分に近いスクワラン、天然保湿因子に近いアミノ酸、細胞間脂質に近いセラミドなどで油分もバランスよく入ったものでケアすることが大切です。

保湿ケアを徹底することで保水力が低下した肌に弾力とハリを与えると同時に、肌表面のバリア機能を高めてくれます。

乾燥がひどいときはセラミドを配合した基礎化粧品でケアするのがおすすめ。

セラミドは「ラメラ構造」という独特な構造をしていて、水分を保つ機能と肌へ雑菌やアレルゲンなどが侵入するのを防ぐバリア機能をもっています。

また、水分を与えた後はしっかりクリームなどでふたをしてあげましょう。

ポイント3.肌悩みに特化した化粧品をプラス

光老化の原因となる日焼けの対策、保湿ケアの徹底をしたうえで肌悩みに特化したエイジングケア化粧品を取り入れましょう。

抗シワ成分 肌のハリや弾力のもとになるコラーゲン繊維やエラスチン繊維が、変性・減少するのが原因。
レチノールビタミンC誘導体幹細胞培養液成長因子、ニールワンなど
乾燥が原因の小じわは潤いを与えるヒアルロン酸ラコーゲンセラミドでのケアがおすすめ。
再生成分 肌のターンオーバーの乱れを整えたり、細胞を成長させるサポートをしてくれる。
幹細胞エキス成長因子など
抗酸化成分 肌の酸化ダメージは活性酸素が原因。紫外線、ストレスなどで発生した活性酸素を抑える。
ビタミンECoQフラーレンアスタキサンチン白金ナノコロイドなど
美白成分 シミや日焼けをケアするにはメラニンをつくらせない・メラニンを排出する・メラニンの色を薄くする、の3つの方法がある。
メラニンを作らせない:カモミラETビタミンC誘導体アルブチンプラセンタエキスなど
メラニンを排出する:プラセンタエキスリノール酸Sレチノールなど
メラニンを薄くする:ビタミンC誘導体ハイドロキノンなど

40代のエイジングケアのまとめ

今日は40代のエイジングケアの基本となるエイジングサインの原因と押さえておきたいケアのポイントをご紹介しました。

  • 肌の老化原因は80%が光老化!徹底した日焼け対策を。
  • 乾燥は肌の天敵!保湿ケアを徹底してキメの整ったハリのある肌に。
  • 肌悩みに合わせてエイジングケア成分を取り入れて。

3つのポイントを押さえて5年後、10年後の肌を守っていきましょう!

Copyright© Over40 , 2020 All Rights Reserved.